ホームステイ型民泊と投資型民泊のハイブリッド

お得な礼品が沢山!大注目のふるさと納税とは?

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

ホームステイ型民泊と投資型民泊の違い

民泊運営のスタイルとして、家主常駐型のホームステイ型民泊と家主不在型民泊(投資型)の2種類があります。自分がホームステイのホストとしてマンション部屋、または戸建て(一軒家)に住みながらゲストを迎え入れるケースと、自分は物件に住まず遠隔、または代行会社に委託して民泊運営を行うケース。ホストの志向性により運用スタイルがまちまちですが、現在、特に都心部では投資型が主流となっています。

ハイブリッド型民泊運用について

民泊賃貸では会員向けに家主常駐型(ホームステイ型)と家主不在型(投資型)のハイブリット型運用コンサルティングサービスを開始しました。民泊許可を得た2LDK以上の間取りの部屋に対し、宿泊料無料、または月額数千円から数万の宿泊料で短期賃貸として日本人借主1名に提供。ホームステイホストとして運営業務を一部サポートしてもらう代わりに宿泊料(実質の家賃)を無料、または格安で提供するスタイルです。

  


利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら