中国系民泊仲介サイト自在客(ジザイケ)

お得な礼品が沢山!大注目のふるさと納税とは?

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

自在客(ジザイケ/jizaike)のご紹介

自在客(ジザイケ)は2011年4月に設立された中国上海に本社を構える中国系スタートアップ。中国国内と台湾に高い知名度を誇るバケーションレンタル(民泊)の仲介サイトと台湾民泊というアプリを展開しています。サービスの特徴としては民泊予約だけでなく朝食予約も出来る点。正式な中国名は自在客旅行网で、日本語に訳すと自在客旅行ネットワーク。運営元は健雲ネット情報技術(上海)有限公司。

自在客(ジザイケ)

自在客(ジザイケ)の創業者・経営陣は?

自在客(ジザイケ)の創業メンバーは二人。CEOを務めるJack Zhangは、かつて世界最大のユーザー数を誇るネットオークションサイト【ebay】の創業期に在籍していた社員で、イーロン・マスクが創業したペイパルの買収劇にも一役買った人物です。その後、ebayの中国事業責任者を経て、2011年4月に健雲ネット情報技術(上海)有限公司を創業。COOを務めるTonyCaiはJack Zhangと共に自在客(ジザイケ)を立ち上げた人物で中国最大級の不動産ネットワークサイトであるanjuke.comの創業期メンバーです。

現在の状況は?

2015年には数億単位の資金調達を行い、急拡大する日本市場をターゲットにすべく2016年1月に日本法人を設立しています。民泊他社のサイトに掲載されている物件を無料で代行登録するサービスを開始し、現在急速にユーザー数を増やしています。

 

自在客(ジザイケ)のサイトはこちら

 

民泊ゲストの中でも中国人の数は圧倒的に多くなります。自在客(ジザイケ)中国や台湾のゲストが多いことから、airbnb以外にも登録しておくとリスクヘッジになるかもしれませんね。民泊可能物件探しは民泊賃貸を是非ご利用ください。


利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら