【速報】東京が都市の魅力ランキング世界1位に

口座開設無料!金融庁正式登録済みの仮想通貨交換業者で安心取引を

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

都市の魅力世界一位の東京
都市の魅力世界一位の東京

民泊の必要性が益々高まる傾向に

本日の民泊賃貸ブログは、東京が初めて魅力的な都市ランキング1位を獲得した!という嬉しいニュースをご紹介致します。

東京が世界ランキング1位を獲得

米国の富裕層向け旅行雑誌「Condé Nast Traveler(コンデ・ナスト・トラベラー)」(米国版)が行った読者投票ランキング「Readers’ Choice Awards」における、世界で最も魅力的な都市を決める「Best Cities in the World」のランキングにおいて、米国を除く世界各都市のランキングで、初めて東京が第1位(昨年15位)に選ばれましたので、お知らせします。

 

これは、東京の観光PRや旅行者の受入環境整備など、行政と民間が力をあわせた様々な取組の成果が反映されたものと考えられます。東京都では、東京の魅力をさらに磨き上げ、名実ともに世界有数の観光都市として、今後も世界からの旅行者の誘致拡大を図ります。

ランキング結果

1位: 東京(日本)
2位: 京都(日本)
3位: フィレンツェ(イタリア)
4位: ルツェルン(スイス)
5位: サン・ミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ)
6位: バンクーバー(カナダ)
7位: ビクトリア(カナダ)
8位: ザルツブルグ(オーストリア)
9位: バルセロナ(スペイン)
10位:ウィーン(オーストリア)

引用元:東京都 産業労働局観光部企画課

円高の影響はどこへやら・・

2016年、懸念されていた円高による影響ですが、消費額は減少に転じたものの、観光客数に関しては影響なし。日本政府観光局の発表によると、2016年9月度の訪日外国人旅行者191万人余で過去最高を記録。訪日外国人観光客数は引き続き順調に増加しています。つまり外国人の意識としては、「日本には行くよ!でも宿泊や買い物の予算は減らそうかな」という感じですね。

 

宿泊費においては、ホテルや旅館は価格が高騰していることから、既存宿泊施設の利用が減少している反面、経済的合理性の高い民泊が躍進中。法整備とマーケットニーズ間の歪みで調整課題は多いものの、順調に拡大を続けている民泊マーケット。民泊賃貸のユーザー数&各種サービス利用数も順調に成長しています。

複数の新規サービスをリリース予定

民泊賃貸では、現在稼働中の民泊物件マッチング、民泊譲渡案件のマッチング【民泊セルバイ】に加え、ユーザー様から多くの要望を頂いている民泊代行会社の紹介サービスをリリース予定です。その他、国内最大級の民泊物件プラットフォームに集まる各種情報を基盤にした新規サービスを続々とリリースして参りますので今後とも民泊賃貸を宜しくお願い致します。


利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら