民泊内装コーディネイト&リノベーション代行

お得な礼品が沢山!大注目のふるさと納税とは?

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

民泊部屋のインテリア

部屋の体制構築サービス

部屋のコンセプト立案、内装・インテリアデザイン、家具・家電・備品購入代行、WiFiなどのネット環境整備、ゲスト向けのハウスマニュアル(部屋使用時ルールブック)の作成を代行してくれるサービスです。

内装コーディネイト・リノベーション業者とは

Airbnbのゲストは外国人が多数派になりますので、和風のデザインにする等、部屋のコンセプトを固めて嗜好性の高い部屋にする事は差別化の意味も含めて大切な要素です。これらリスティング(民泊部屋)のコンセプト作りから内装デザイン、家具の組み立てなどを代行するのが内装コーディネイト代行サービスです。

 

この分野において、専門業者が少なくワンストップ型の代行業者がサービスの一環として行うケースが大半を占めますが、デザインは個人のインテリアコーディネーターに頼んで、家具の購入や組み立ては便利屋にお願いするなどの工夫をしているホストもいます。

 

尚、ホスト自身がオーナー、またはオーナーから許可が得られたホストが、DIY(日曜大工的なコーディネイト)、壁クロスの張り替え・床板カスタマイズなどを含めた全面改装(リノベーション)をするケースもあります。DIYは求めるクオリティー次第で自分自身でもできますし、専門業者でなくても代行が可能ですが、リノベーションの場合は工事が発生し、コーディネイトサービスを提供している代行業者では対応できませんので、内装工事の専門業者に依頼する必要があります。

 

DIYやリノベーションに関しては、その費用対効果が大切です。例えば一軒家の古民家を改装するリノベーションモデルは数百万単位でも投資が必要になる可能性はありますが、相対的に費用対効果が高いと言われています。この点は、民泊運営経験者や実績のある民泊代行会社なら、知見があるので相談してみてもよいと思われます。

具体的にはどんなサービス?

内装コーディネイトの主要なサービスは以下になります。
・部屋のコンセプト作り・デザインの立案
・必要器具や家電・家具の発注リスト作成と発注作業
・ゲスト向けツール(ハウスマニュアル・ウェルカムガイド)の作成
・家具の組み立て・家電セッティング
・家具・家電の購入代行(別途オプション)
※部屋のコンセプトサポートでは、マーケティングの要素を加味した部屋のコンセプトを企画提案。ホストと相談しながら部屋のデザインを確定させます。代行業者の中にはインテリアコーディネーターの有資格者が担当しているケースもあります。オプション料金で購入代行をしてくれる業者もあります。

料金体系・費用相場は?

料金については広さを基準に変動しますが、家具やアイテムは実費で、コーディネイトだけで5万~10万で設定している業者が多いようですが、中には30万以上という業者もあり、リノベーションになると100万以上のコスト感も当たり前の世界です。デザインやコーディネイトはセンスに対する評価なので、高いか安いかは、人によって異なると思われますが、業者によって対応は異なるものの、可能であれば事前に民泊関連でコーディネイト・リノベーション実績や見積りをしっかり取ることをお勧めします。




利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら