民泊投資用のマンション・不動産物件

お得な礼品が沢山!大注目のふるさと納税とは?

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

民泊投資物件の購入ををお考えの投資家・投資機関様

平均的な賃貸不動産運用よりも高い利回りが期待できる民泊運用物件。民泊賃貸では、airbnbなどの民泊物件として1棟買いをされたい企業(法人)・個人様向けの情報発信も行っております。

民泊投資を取り巻く環境

2016年は民泊元年と言われているように訪日外国人の新たな宿泊スタイルとしてバケーションレンタル(民泊)という概念が急速に普及。政府が目標とする訪日外国人観光客数2000万人も目前となり、2020年の東京オリンピックに向けて、今後この流れには益々拍車が掛かっていくことと思われます。また、一度日本を訪れた観光客のリピート率の高さは世界随一と言われているため、オリンピックをきっかけに日本を訪れた観光客がリピートしてくれれば、オリンピック特需ではなく、民泊市場は国内でも根付く存在になると考えられます。

行政の動きについて

政府においては、ビザ発給の緩和や日本文化の発信を積極的に行い、観光立国への道に向けて前向きな姿勢です。更に、民泊需要による経済効果は2000億以上と言われており、行政も無視できない規模になっている事から、治安維持などの安全面対策、そして既存観光業との兼ね合いを見ながら、一定の規制は残すものの、今後も市場拡大に向けての規制緩和を行う方向で動いていくものと思われます。

 

実際に、2016年春までに、民泊をカプセルホテルなどと同じ「簡易宿所」と位置付け、自治体が営業を許可する仕組みを作り、第2段階で住宅地でのサービス禁止など制約の多い旅館業法の適用から民泊を除外する法整備を検討し、個人の住宅所有者も民泊を手掛けやすくする方針です。

 

更に、民泊市場には、民間事業者(民泊代行会社や関連するプロダクトやサービス会社)も続々と市場に参入。市場が確立されれば新たな雇用や経済的利益を生み出せるマーケットになることが予想される事から、文化交流の側面だけでなく、日本経済全体にとってメリットのある仕組みとなっていくと思われます。

airbnbなどの民泊運用投資用物件の売買情報対応エリア

 

【日本国内】

首都圏 東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬 山梨
関西 大阪 京都 兵庫 奈良 和歌山 滋賀
東海 愛知 静岡 岐阜 三重
四国・中国 広島 岡山 山口 鳥取 香川 愛媛 徳島
北海道・東北 北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
信越・北陸 新潟 富山 長野 石川 福井
九州・沖縄 福岡 長崎 大分 鹿児島 佐賀 熊本 宮崎 沖縄

 

【海外】

海外については、現地不動産会社と現在、提携を進めております。タイ、カンボジア、シンガポール、台湾、香港などのアジア諸国の他、米国、ヨーロッパも今後掲載していく予定です。

 

 

airbnb(民泊)物件の紹介は民泊賃貸

 

 


利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら