【報道】2016年10月末時点での民泊動向

お得な礼品が沢山!大注目のふるさと納税とは?

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

民泊最新動向と稼働率と物件数

2016年10月末時点での民泊動向

本日の民泊賃貸ブログは、Mister suiteという民泊代行サービスや分析ツール開発、ポータルサイトなどを展開する株式会社SQUEEZEさんが発表された2016年10月末時点での民泊動向をご紹介致します。民泊運営の参考データとして活用ください。

日本での民泊利用者数 国籍別ランキング

日経新聞調べによると、直近12か月で民泊利用者の多い国は、隣国の韓国と中国がトップ2位にランクイン。トップ10位の中に、アジアの国が6ヵ国ランクインしていることも中もが必要。また、日本における民泊利用者の69%はミレニアル世代(18歳~34歳)と言われており、今後も民泊の利用は増加していきそうだ。

全国の物件数と稼働率

全国の物件数は緩やかな伸びを見せる。5月末時点から、げない約3,00件増加。物件数の増加は頭打ちしていると言われているが、今後の展開には注目。稼働率を見てみると、繁忙期である7・8月が最も稼働率が高い。上半期の平均稼働率はおよそ55%。

東京23区の稼働率ランキング

東京23区の中で、2016年上半期の稼働率が高かった区は、渋谷区、目黒区、中央区、江東区、世田谷区のようでした。やはり渋谷区がまだまだ人気スポットのようです。

東京23区の物件増加率ランキング

東京23区の中で、2016年上半期の物件が最も増加した区は、新宿区、豊島区、北区でした。一方、物件が最も減少した区は、目黒区、渋谷区、港区でした。浅草と言う観光スポットがあり、稼働率も程々、競合も新宿程ほど激しくない台東区は狙い目かもしれません。

大阪府の物件増加数と稼働率

大阪府の物件数は緩やかな伸びを見せており、今後も緩やかに増加していく予想。稼働率は、7月がピーク。他の地域では8月ピークになっており、大阪の特徴と見て良いだろう。


利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら