【ニュース】民泊営業の差し止め命令 マンション管理組合が勝訴

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

入居率99%のマンション投資!

港区マンションの民泊営業の差し止め命令マンション管理組合が勝訴

民泊営業の差し止め命令 マンション管理組合が勝訴

空き部屋に旅行者を有料で泊める「民泊」を東京都港区のマンションで無断営業したとして、管理組合が部屋を所有する男性に中止を求めた訴訟の判決で、東京地裁(浦上薫史裁判官)は9日、管理規約に違反していると認め、営業の差し止めと弁護士費用約97万円の支払いを命じた。

判決によると、男性は2015年10月にマンションの一室を購入。民泊仲介大手の米エアビーアンドビーのウェブサイトに、1泊約1万3千円と案内を掲載していた。

管理組合は16年4月、臨時総会で管理規約を改正。不特定の人が宿泊する施設として部屋を使用することを禁止し、第三者に貸し出す場合は1カ月以上と定めた。その後も民泊営業が続いたため提訴した。

参考URL:https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180809000134




利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら