Airbnbにとって手強い競合は中国系民泊サイト

お得な礼品が沢山!大注目のふるさと納税とは?

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

自在客、airbnbを脅かすダークホースか?

本日は、各種メディアで大きく取り上げられている中国系の民泊仲介サイト自在客というバケーションレンタルのサイトについて書かせて頂きます。

 

先日、民泊賃貸ブログでご紹介した中国系スタートアップの「住百家」より物件数が圧倒的に多く登録されていますが、僕たち日本人からすると、突然、市場に出てきてトップシェア・・という何とも不可思議なサイトです。既に日本国内だけで登録部屋数が1万件を超しているようで、登録件数だけで考えると、airbnbの次にランクインしていることになります。バケーションレンタル以外にも一般の宿泊施設も掲載しているので、民泊とホテル探しのハイブリッド的な戦略でしょう。

 

こちらの自在客(zi zai ke/日本語ではズ・ザイ・クー)、よくよく観察してみると、airbnb社のサイトと構造も掲載物件もかなり似ていて、ほぼコピー状態のようなですが、それもそのはず!airbnbなどの主要民泊サイトに登録されている物件をそのまま登録してくれるサービスを提供しているようです。

 

もう少し詳しくこちらのサイトを調べて見たら、実はきちんとしている企業で、意外と中国人や台湾人のゲスト集客には有効的なサイトになる可能性が高いように感じました。実際に民泊賃貸の会員ホストさんから評判を聞きましたが、予約も結構入っているようです。→自在客

 

airbnb・民泊可能物件探しは民泊賃貸へ

 

 


利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら