Airbnb法人向けビジネス・出張予約サービスを開始

お得な礼品が沢山!大注目のふるさと納税とは?

民泊・転貸可能物件を紹介してくれる不動産屋を探してみよう!

Airbnb Brian Chesky

Airbnbの法人向けサービスの立ち上げを発表

2016年6月9日付:「バケーションレンタル大手のAirbnb社が法人向けの出張手配などビジネス目的のマッチングサービスを立ち上げると発表した」と Japan Forbesが報じました。

サービス名はAirbnb business

エアビーアンドビー(Airbnb)がビジネス旅行客をターゲットとしたサービスを開始する。6月8日、サンフランシスコで開催の「OpenAir」会議で、同社はビジネスユーザー向けの新プログラム「エアビーアンドビー・ビジネス」の立ち上げを発表。法人登録することで、企業メンバーや秘書らが適切な部屋を探し予約することが可能になる。

 

エアビーアンドビーは既に5万社を超える企業に利用され、ビジネス目的の予約は全体の10%を占めると述べている。同社のサービスを初期から利用していた企業にはグーグルやセールスフォース、GitHub等が挙げられる。今後はモルガン・スタンレーなどの金融大手も主要顧客として獲得していくことになりそうだ。

 

エアビーアンドビーの担当者は、2016年の第一四半期にビジネス目的の宿泊日数がそれまでの3倍に達したと述べた。また、ビジネス目的の予約の11%は秘書やアシスタント等、宿泊者本人以外によって行なわれているという。「このデータは当社がビジネス旅行者にとっても非常に重要なサービスであることを示しています」

 

エアビーアンドビーは、他にも「インスタント・ブッキング(Instant Book)」や「出張対応(Business Travel Ready)」の表示などの新機能を導入する。インスタント・ブッキングは事前承認なしで予約が入れられる。出張対応の部屋はワークデスクを設置し、WiFi環境、24時間チェックイン等、ビジネス向けに一定の基準に達していることを保証する。引用元:Japan Forbes

 

 


利回り10%以上で民泊投資に匹敵する案件も多数

民泊と同じく新しい資産運用のスタイルとして急拡大する不動産担保型ソーシャルレンディング市場。口座開設は無料で、利回り10%以上の商品も多数あり、小口で1万円からの投資も可能。民泊賃貸の会員様からも注目を浴びるソーシャルレンディング投資を民泊投資と並行して検討されてみてはいかがでしょうか?ソーシャルレンディングの詳細はこちら